開催しました!9/25【ZOOMで新しい読書体験】

【ZOOMで新しい読書体験】 FILM読書会をZOOMで開催!いろいろな読書の方法から、自分の読書の仕方をアップデートしました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

# FILM読書会とは?
世の中には、速読やスローリーディングなど様々な読書法がありますが、大切な事は、それらの方法を目的によって柔軟に変えることができる事だと考えています。
FILM読書とは、「正しい読み方は、その時々で違う」という前提に立って、「読み方を探求しながら、目の前の本を読む」読書の仕方 です。

toiee Lab は「正しい読書」について、以下のように定義しています。

1. 正しい読み方は、「本の内容」「本のレベル」「読者のレベル」「読者の特性(経験、性格、強み、弱み)」「読者が求めるもの」によって、常に変わる

2. 正しい読み方は、本人が決めるべきであり、1つに限る必要はない3. 正しい読み方よりも、「楽しい」読み方の方が大事

このような観点から、toiee Lab らしい「メタ探求型読書」という方法を考案し、この読書術を使ってチームでワイワイ読書をし続けるワークを考えてみました。
それが「FILM読書ワークショップ」です。

FILM読書ワークショップは、以下のような進行になります。

### (1) ウォーミングアップ
– Good & Newで和やかな雰囲気を作る- ちょっとしたアイスブレイクをする

### (2) 読み方を決める
速読系の読み方や、逆にじっくり読むスローリーディングの方法や、キーワードを拾う方法、読む場所を前から以外で読む方法、質問をたくさん出してから読むなど、様々な「読み方アイデア」を参考に、
– あなたなりに、どう読むか?
を決めます。その決めた読み方を、簡単に他の人とシェアします。シェアしたアイデアを参考に、実際に読む方法を決定します。

### (3) 読んでみる!
先に決めた読み方を試します。大体20分程度読みます。

### (4) 振り返り
実際にどうだったか?を読んだ内容を紹介しつつ、シェアし合います。相手に説明していると、「あ、そうか!」と内容に対して気づきが得られます。さらに「次は、こうやって読んでみよう」とアイデアが湧いたりします。
また他人の発表を聞くことで「面白い本だなあ。面白い知識だな。今読んでいる本にも通じるぞ」と内容についても得られつつ、他社の読み方から「自分の読み方」をパワーアップするヒントが得られます。
そうやって、2, 3, 4 を、時間の許す限り繰り返します。

### (5) まとめと、普段の生活への落とし込み
3回ほど読んで、発表し合うと、90分経ちます。3回も読むと、読書法が改善されつつ、他にもたくさんの読み方があることに気づきます。そして「試してみたい!」と思うようになります。

主催 :  toieeLabweb
共催:コラボなみらい




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です